ラフ・コリーといえば

シェパードといえばカールやジェリー、 樺太犬 と言えば タロ&ジロ 、ハスキーと言えばチョビ、ゴールデンレトリバー と言えば バディーズ 、ラブラドールレトリバー と言えば クィール等、世代にもよると思いますが犬種と名前が連想しやすいものがあると思います。

僕の世代ですとラフ・コリーと言えばラッシーが真っ先に思いつきます。

以降、ラッシー(の作品の一つ)現題The Magic of Lassieのネタバレがあります。

ラッシーと言えば1940年代の映画から始まりドラマや映画、そのリメイクなど何度も作られたシリーズですが、70年代後半の同作品「ラッシー(現題がThe Magic of Lassie)」はファンの中では不評だったらしき先入歌が多いこの作品ですが逆に自分の中で一番印象に残っている作品です。

ふと、無性に見たくなってDVD探したのですが日本ではこの一作だけDVD化されてなくて途方に暮れています、他は全部日本から出ているのにThe Magic of Lassieだけ無いのは一体…何か版権がらみでもめたりしたのでしょうか??

いまだにラッシーと言うと上記ムービーの曲「 I can’t say goodbye 」がセットで頭に流れてきます。僕が子供のころはよくTVでやっていましたが最近はめったに放映しませんね、TVでやったときに逃さず録画するしかなさそうです。

Q.さて、突然ですがここで問題です。ラッシーの性別はオスとメスどちらでしょうか?

これが急に見たくなった理由の一つなんですが、上記の質問のやり取りをネットで(ずいぶん前の書き込み)みたからなんですがそこでの回答はこうでした

A「ラッシーは「お嬢さん」の意味なんですよ、ですから女の子です

と…なるほど、たしかに映画の中でも「うちのお嬢さん」というセリフがあった気もします

ですが

初代名犬ラッシー(家路)~ The Magic of Lassie の6代目ラッシーまでは少なくとも(役をやっているワンちゃんは) 全部男の子ですよ~

という、どうでもいいトリビアでした。

I can’t say goodbyeがあまりにも悲しいのでラストシーン。いい曲です、そしてこのシーンにつきますね。もうこのシーン見るだけで映画観なくていいかも