飼い主が飼い犬に吠え続けられた日

先日2泊ほどリリー(チワワ)と合宿に行っておりました。とても厳しく、勉強になり、自分を見つめなおすこともできた有意義な合宿だったのですがそれは置いておき、

帰宅後、先住犬レオン(パピオン)が吠えるのです。玄関に入る前からリビングに入ってからも、私の顔を見てもずっと怒ったように吠えている。

普通ならここで「何で吠えているの?パパ(ママ)でしょ?」とか「うるさいよ、ダメでしょ」とか怒ると思います。

私だと分かった後も、普段と全然違い、こちらを見ながらいつまでも吠えている状況に困惑しましたが、しばし考えて「もしや」と思ってこうしました

「レオン、リリーは大丈夫だよ、元気でここにいるよ」とリリー(チワワ)を入れたクレートを見せながら声をかけてみました。

するとレオンは吠えるのをやめ「くーん・くーん」というか「きゅーんきゅーん」みたいな寂しげな声を出し始めたのです。私にはその鳴き声がこう聞こえました

「リリー、よかった、無事に元気で帰ってきたんだね」

もしやと私が思ったのはこうです、合宿中、スマホを見る時間がほぼなかったのですが、最後の夜の妻からのラインで「レオンがリリーがいなくて寂しがっているよ」という書き込みを思い出し、いつもはフリー以外では休む場所としておいてあるクレートごと無く、リリー自身も見えないことを心配していたのではないかと…。先日3頭目も迎え、レオンは先住犬として頑張っている場面も多々見られましたし、保護犬は預かり先の移動などもよくあるのでなおさら思うところがあるのではないかなと思うのです。

ワンちゃんの行動には必ず理由があります。ですので吠えに関してもいわゆる無駄吠えという物はないのですが、あえて無駄な吠え、無用な吠えというなら人の都合で吠えていて欲しくない場面や、脳の病気などが考えられますが、通常は何か大切なメッセージが必ずあるわけです。

トレーナーなどに相談すると、多くの場合は何か音を出してやめさせるとか、叱って褒めて治すなどの方法をアドバイスしてくれると思いますが上記のレオン君のケースはどうでしょう?

家族を心配して「リリーはどこ?どこに連れて行ったの??」と心配する子に叱ったり、物や音を出して脅かしたり、吠えないトレーニングをしなくては…などと考えたりしますでしょうか?

吠えに関するご相談はとても多く、もちろん叱って褒めて治す方法もお伝えしますが、理由がわからないと他にしわ寄せがくると思っております。

今回のケースは何か訓練したりする必要はなくただ、無事を心配していた相手に「元気で帰ってきたよ」と教え、「心配させてゴメンね、ありがとう」。という優しい言葉をかけて安心させてあげる。ただそれだけでした。

ワンちゃんは感受性が強いので気持ちを感じ取る力に優れ、気持ちを込めて言葉をかけてあげるだけで伝わることは多いです。

なにか飼い主さん側で困ったことが起きて、ワンちゃんにトレーニングで改善しようと試みて、うまくいかなかったり、うまく自分に出来るか心配な方も多いと思います。ですが、問題点だけで見たら、実は人がちょっと工夫するだけでよい場合も多く存在します。

犬に課すことなく、飼い主さん側がちょっとの工夫、負担にならない行動で改善できるかをまず考えてお伝えするのがSESドッグライフカウンセラーの役目です。もし、ワンちゃんに関するお悩みなどありましたら、お気軽にご相談ください。