水害について

最近、普通の雨予報でも深刻な水害に襲われたりと、ニュースを見るたびにため息が出ます。あきらかに今までの常識が変わりつつあるとおもいます。

特に、ペット関係では今まで一部のライフスタイルの人しか打っていないであろう、レストスピラのワクチン接種の選択肢はどのご家庭でも候補に挙がってくるのでは?と思っております。

先日も岐阜県において、9月9日に豚コレラの発生がありました、イノシシかららしいですが、感染ルートはわかっていないようで、今まで入ってきていないようなものもいつ発生するか本当にわからないと思うのです。

普通は大丈夫だけど、行楽地などどんなワンちゃんが来るかわからないところでは慎重になったほうがいいと思うんですよね。

河川の増水時などは警戒が必要なレプトスピラ、ただ、毎年打つようなものと言えばそうでもなく、抗体検査なども入れながらなるべく打たないようにしてあげる必要も当然あると思います。

と、色々考えればきりがなく、とりあえず全部うってしまおうって簡単なものでもなく、ワクチンに関してはとても難しい問題ですよね、レプトスピラは細菌なのでも、しっかり観察して怪しいと思ったら検査でかかってから治療でも良いともいわれましたが、被災してその時に愛犬がかかったらと思うと色々考えてしまうのです。

異常な確率の増水、水害時には

これも一部の人しかもっていなさそうなワンちゃん用ライフジャケットと

USBカーチャージャー兼、シートベルトカッター&脱出ハンマー

車内に閉じ込められた時の脱出用ハンマーはもはや大げさな商品ではなくなってきたと思います。

ペット用のライフジャケットは是非愛犬にあった品を吟味しておいたほうがいいと思います、人には大したことない水位でも、ワンちゃんには大変な水かさだったりするわけですからね。